CASA
CASA BLOG

ヘアカラーは美容室で染めることを100%オススメします

2016-09-02

こんにちは!CASAのTsuboです。

 

 

今日はよくある質問にお答えいたします。

 

 

 

ヘアカラーを

 

「美容室でやるべきか、市販のカラーでもいいのか?」

 

 

 

というのは、非常に多くいただくご質問です。

 

 

 

 

美容師の本音を言ってしまえば、ご自宅でのセルフカラーと美容室でカラーを比較した場合・・・

 

 

100%美容院で染めることをオススメします。

 

 

 

 

なぜか??

 

 

 

 

薬剤そのもののクオリティーは基より

ファッションカラー(通常のヘアカラー)であってもグレイカラー(白髪染め)であっても・・・

 

 

 

 

 

染まり方は人によって十人十色だからです。

(お髪のコンディションによって更に掛け算式に細分化)

 

 

 

 

仮に、同じ薬剤を使って明るめレベルのカラーに染めたとしても・・・

 

 

 

髪質やコンディションで全く違う染まり方をします。

(僕の場合は元々明るいので通常よりかなり明るくなる)

 

 

 

 

髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といった条件がある中で

 

 

 

 

美容師はお客様の髪質を見ながら薬剤設定(カラー剤を数十~数百の中からカスタマイズ)していきます。

 

 

 

お客様の好みにあった色味、狙った明るさに可能な限り近づけていくのですが

こればっかりは経験や知識が物を言います。

 

 

 

 

そこに至るまでの経験や知識があっての前提ですが・・・

 

 

 

 

一対一を考えて提供させて頂く渾身のヘアカラーと

複数を対象にしたセルフカラ―が同じクオリティーであっては・・・

 

 

 

 

どうしてもいけない!!と感じます。

 

 

 

 

最近は技術が進み染めやすい形状のものや

手軽さ、お求めやすさでついつい手が伸びがちですが・・・

 

 

根本と毛先では諸々の履歴で状況が違うので

当然カラーの強さや組み合わせ方、塗り方、順番、時間も違います。

 

 

 

お肌が敏感な方には頭皮に付かないようにギリギリ根元から

染めたり等の配慮もさせていただけるので・・・

 

 

 

やはりそういった技術と幅広い薬剤の微妙な選定、仕上がりの良さ、

美容師の経験に基づいた「プロのヘアカラー」にこそ価値があると思うのです。

 

 

 

 

お時間的な部分や金額等でついつい・・・と言うのも分かります。

 

 

 

 

 

しかし長い目で見た時にお髪を大切にするためにも・・・

 

 

 

市販の物より100%美容室のカラーで染めることをオススメ致します。

 

 

 

by Tsubo

 

0046
 

 

 

 

 

 

 

 

 


CASA