CASA
CASA BLOG

【悲報】白髪を抜き続けるとこうなる・・・Part②

2021-12-06

こんにちは CASAのツボです!

今回は前回に引き続き白髪のメカニズムや抜くことに対する見解、その②です!

 

振り返りとしてまだ見ていない方は・・・

 



こちらからぜひご一読ください。

 

 




■ 白髪はある程度密集して生える




 

白髪の生え方は人それぞれではありますが、大きく分けて2通りあります。

 

これはたくさんの人を見て来た自分なりの経験則ですがかなり当てはまるのではないかと思います。

では2つのパターンとは何でしょう?

 

『全体に満遍なく少しずつ生える』というタイプと

 

『顔回りや頭頂部を中心に密集して生える』というタイプ。

 

他の部分にほとんどないが小豆大~10円玉サイズの大きさに密集してまるでメッシュのカラーを入れたような生え方をされる方もいらっしゃいますが、

(小さいころどこかにぶつけたりした影響??)ほとんどの方は上記の2種です。

 

今まで様々な人の髪の毛を見てきましたが、白髪に悩む人でも大半後頭部より下〜えりあしや盆の窪といった首に近い部分は白髪が生えにくいです。

(生え際は出やすい気がする)

 

全体的に真っ白に近いご年配の方でもこの部分は最後まで黒く残ったりします。

そのため全体的にごま塩のように生える方でもどちらかというとやはり前半分の方が白髪が生えやすく、目に見えるため自分で抜きやすい位置でもあるのです。

 


 




■ 白髪を抜くと白髪が増える?




 

 

昔から迷信として「白髪を抜くと白髪が増えるよ」というようなことが言われています。

これは今の所様々な見解はありますが、明確な科学的根拠はないそうです。

ですので何とも言えない所ではありますが、間違いなく言える事は

 

人間の細胞は残念ながら日に日に若返ることはありません。

 

そのため生活習慣を見直し、ある程度予防に努め時計の針を遅くしない限り必ず白髪は増えていきます。

 

なので厳密に言うならば「白髪を抜こうが抜くまいが増えるよ」というのが正確な答えであると言えます。

 


 




■ 常習的に抜いている人が対象




 

気になるとついプチッと周りの黒髪も巻き込み白髪を抜いている人の多くは常習的に行っていそうな傾向。

そして将来的に白髪を抜いたことにより薄毛に悩むのもこの方たちなのではと推測されます。

 

「昔何回か抜いたことがある…大丈夫かな…」という人は特に心配しすぎる必要はありません。

 

というのも、ヘアサイクルの一環でおおよそ一日に約100本前後の自然脱毛があると言われています。

寝て起きた際、シャンプーの際、クシでとかした際など脱毛はいくらでも起こる可能性があります。

 

 

ただ、何がいけないのかと言えば「長期に渡って常習的に行う」のが問題なのです。

 

 

そして年齢とともに髪の毛は細くなったりもするでしょうが、それは白髪を抜いたことによるものではなく年齢と共に起こる自然な現象の範囲内です。

自然現象と共にボリュームが失われていき頭皮が目立つようになってからでは時すでに遅しなのです。

 


 




■ いつ頃から出始めるの?




 

 

先天性な場合を除き、一般的に白髪が出始めるのは、早い人で20代半ば〜30頃。

 

そして白髪を抜き続けていたことによって「薄毛になった」と感じる人の多くは20代ごろから抜き始めていた人で40代~50代以降です。

 

丁度髪の毛が細くなってきたような気がするころ、今まであまり気にならなかった”薄毛”の部分が顔を出します。

 

そう感じるのも、細毛によって頭皮の見える量が多くなり薄毛っぽさがより目立つようになったからだと考えられます。

ただでさえ細くなるのに、白髪を抜いたことによる薄毛でさらに少なく感じる。。。

 

恐ろしい事態です。

 


 




■ 対処法




 

では危険な事はご理解いただいた上で「一体どうすればいいのか」を説明させていただきます。

 

めっちゃ初歩的な事ですがぜひ参考にしてみてください。

 

● 根元から切る

 

とにかく大切なのは「気になっても抜かないようにする」ということ。

『切る』分には問題ありません。

 

その際細かい仕事になりますが周りの黒髪も一緒に切ってしまわないように気を付けましょう!

 

中途半端に長さを残すと立ち上がるので注意です!

 

● 一時的にごまかす!

 

お悩みの方はすでにお持ちかもしれませんが、

マスカラタイプやファンデーションタイプのワンデイケアで、

お出かけの際は抜かりなく!

 

CASAではこんなのがオススメ!

 


 

気になる所にさっと一塗でごまかしてくれる優れものです。

気になる方はCASAにて取り扱っておりますのでご相談下さい。

 

● 染める!

 

そしてもう一つの対処法は、当たり前に聞こえますが染めてしまう。ということ。

 

最近の僕の染め方はそもそも狙って「あいまいに染める」事、です。

 

白 ⇒ 黒 や、 白 ⇒ 茶 ではなく、

 

白 ⇒ アッシュ や 白 ⇒ モノトーン、 白 ⇒ ラベンダー がオススメ!

 

ピアノの鍵盤をイメージして欲しいのですが、コントラストがハッキリしているほど反対の色が際立ちます。

ですので真ん中をとって「ややくすんでいてあいまい」なのが良いのです。

 

鏡でじっくり見て、確かに濃くしっかり染まってて差はないのと、じっくり見たら少し気になるけど遠めに見たら(第三者視点)ほぼ分からない。

 

自分自身は気になるレベルの匙加減と一般的にあいまいで馴染みが良いのと。

 

伸びてきたときの親和性を考えた時にあなたはどちらがよいですか?

 

正解はありませんが僕は個人的に後者の考え方をベースに考えるのが好きな美容師です。

もちろんその方に寄り添う事を優先とするので必ずしもではありませんが、長持ちして目立ちずらいのは間違いなく後者であると言えるからです。

 

ここはやはりプロとしての調合具合がものを言う部分なのでぜひこだわりのある方は美容室でのヘアカラーをオススメしたい所です。

 

ただ・・・・「抜ききることができないほど白髪が生えてしまった」という人は薄毛リスクを考えると捉え方によっては幸せなのかもしれません。

(個人的には将来を考えると羨ましさしかない 笑)

 


 




■ まとめ




 

今回説明させていただいた「白髪を抜くと薄毛になる」という原因はただ一つ。

 

『自然なヘアサイクルを無視した結果起きる毛穴の消滅』です。

 

消滅といっても完全になくなるのではなく、皮膚の下に隠れてしまって機能を果たさなくなるという意味。

個人的な仮説としては、サイクルを無視して抜き続けていると。。。

 

人間の体が「もう必要ないのかな?」と髪の生成をストップしてしまうのではないか?と考えております。

(眉毛などで皆様恐らく経験あるはず)

 

理由がなんであれ将来的に髪の毛をできるだけ多く残したいのであれば可能性の一つでも注意する他ありません。

 

人間は確かに年齢とともに必ず細毛になったり薄毛になったりします。

しかし白髪を常習的に抜いている場所というのは、全体と比べても本当に目に見えてわかるほど薄くなります。

 

正面から見たときに頭皮が薄く透けている感じ。自分で鏡を見た時に一番分かりやすい部分。

僕は仕事の性質上、この極端に部分的に薄くなった人を何人も見てきました。

 

そしてお話を注意深くさせていただくと、結構な確率で「昔から白髪を抜いていた」方達が多くいたと感じました。

ご本人は自分のやったことだからと思うかもしれないのですが、後悔して悲しい気持ちになることは間違いありませんし、

将来的に髪の毛があるに越したことないものだともちろん思います。

 

そしてサロンワークの中、白髪にお悩みの方からお話を聴いていると結構な確率で皆様抜いているのを感じます。

自分なりに見てきた結果の事を抜き癖のある方達に配慮しながらも伝える努力はするのですが、

 

「今は毛が沢山あるから」リアルな実感が湧かないのだと思います。。

 

時の流れの中、間違いなく髪質は変わってきますし書いた通り自然と細くもなってくるのがそもそも人間の「自然な姿」です。

 

後悔してももう遅いのです。

その危機感をぜひとも強く持ってください。

 

もしかしたらお金で解決できる事もあるかもですが、

毛穴が一度閉じてしまうを現状再度生やすのは非常に困難。

 

皆さんが早く気づくことを切に願います。

 

そしてやはりケアに最適なのはプロの手による確実なケア!

 



 

白髪予防にもストレスケアにも最適!

ヘアサイクルの整えにも効果ありです(^_-)-☆

 

ぜひ頭皮環境の改善に一度お試し下さい。

 

by ツボ

 


CASA

【悲報】白髪を抜き続けるとこうなる・・・Part①

2021-11-20



こんにちは!CASAのツボです!

そろそろ皆様タイヤ交換の時期ですね・・・

今年は前情報ですと雪が多いとの事。

ここ何年かは余り雪かきも大変でなく、野は平和でしたが・・・・・

雪が降ると冬景色という風情的なものはともかくとして、肉体的にはお手柔らかに願いたいばかりのイベントです。。。


そして・・・雪がチラホラ。。

白いモノがチラチラ。。。


生え際にチラチラ。。。。。


そう。


今回は以前も書きましたが反響がありましたので改めて


「白髪」


のお話。








■ 白髪を抜き続けると・・・○○る!!








白髪がチラホラ出てきた…切っても切っても生えてくるし、短くなると立ち上がる。目立つし抜いちゃえ!




このような考えでついつい白髪を抜いている人に警告です!



「白髪を常習的に抜いていると、
将来的に薄毛に悩み取り返しがつかないことになる危険性が大です。」




脅しでもなんでもありません。これは理論に基づく事実です。

本当に切なる良心でお伝えしますが身に覚えのある方は今すぐ止めた方がいいです!



白髪を抜くと薄毛になる・・・・


「白髪を抜くとハゲるって?そんなの迷信だよ!」

「こんなに髪の毛沢山あるんだから少し無くなったって分からないよ!」

「自分元々毛が多いから減ってくれたぐらいでちょうどいいかも!」




お客様から日々白髪との向き合い方をご相談いただきますが、

「白髪を抜かない方がいいですよ!!」

とお伝えしても、この様に返ってくる事もあり、あまり大事に捉えていただけない事もしばしば。。。



ですがこの「白髪を抜くと薄毛になる」というのは、きちんと人体科学的な理由があり、
さらに様々なお客様の髪や頭皮を見させて頂き、直接原因や問題の内容を聞いたうえでお伝えしています。




「まぁ大丈夫だろう」という考えの元ではなく、実際に困って悩んだ多くの人の話を集めた結果に出た答えです。



すでに薄毛になってしまったけど、過去には戻れないのでどうすることもできない。

止めておけばよかった。
という貴重な失敗談と体験談を、

”まだ引き返せる”皆様には感じてほしくないので伝えさせていただいているのです。




それでも「いや、そんなことはない!」


と考えるのであれば言葉は悪いですが、
そうですか。

そもそも強制ではないので好きにしてください。

と言わせてもらいます。




ですが、あえてもう一度お伝えしますが、

白髪を抜いていると将来薄毛、ハゲに悩むことになります。
絶対にやめた方が良いです




■ なぜ白髪を抜くと薄毛になるのか







白髪を抜いたことで薄毛やハゲになる。実はこれは原因は一つではありません。


大きく分けて原因は2つ。



1つは当然ですが目立つ部位なのに抜き続けていると確実に!実際に毛の本数が減ってしまう。というもの。


そしてもう一つは、全体の髪の毛が細くなったことによって、より薄毛になったと”感じ”やすくなるためです。




人間の体は20後半〜30歳前後で成長が止まります。
頭髪はそれ以降髪の毛が太く成長するということは考えにくいので細くなっていく一方。

若いころは「沢山あるから」と感じていた人でも必ず細くなっていくので注意が必要です。
(ホルモンの関係で濃くなってほしくない所は濃くなったりする)







■ いつも同じところに生えて来るからと言って同じ毛穴から何度も髪を抜くと・・・








皆様は髪の毛のヘアサイクルというのはご存知でしょうか?


髪の毛は毛乳頭から信号を受けた毛母細胞が分裂し、成長していきます。

そして成長→脱毛 という一定の周期を繰り返すことを「ヘアサイクル」と言います。



■成長期:髪の毛が発毛し、成長する期間。(約4~6年)




■退行期:髪の毛の成長が止まり始める期間。毛球が縮小を始める




■休止期:髪の毛の成長が止まってしまった状態。抜けはしないが成長もしない。




■脱毛:休止期を終えて髪の毛が抜ける。そして再度同じ毛穴から発毛が初まり成長期へと移行する。




これが髪の毛の基本的なヘアサイクル。



何事もなく自然に過ごしている限りこの循環によって発毛や脱毛を繰り返します。

 
しかし毛穴の特徴の一つとして、ヘアサイクルを無視して乱暴に脱毛し続けていると、
毛穴自体が縮小する。という特徴があります。


そして・・・

「これが非常にマズイのです!!」








■ 男性型ととの類似について










例えば男性型脱毛症の場合も同じようなことがいえます。

男性型脱毛症(AGA)の場合、DHT(ジヒドロテストステロン)

というホルモンの影響で髪の毛が脱毛しやすくなります。

ホルモンの影響にしても短いサイクルで脱毛を繰り返してくと毛穴はほぼ完全に閉じてしまい、

毛穴はあるが皮膚表面に出ていないので発毛が起こらない。
という状態になってしまいます。

毛穴が皮膚表面にないのでツルっとした状態になるのです。


これが男性特有の薄毛の原因ですが、よくCMでも流れているお医者さんでの
薄毛治療はこのAGA治療がメインであることが多く、
ホルモンを投薬によってコントロール、血流をよくする治療の事を多くの場合言います。


「もう何となく予想はつきますよね?」


白髪を抜いているとそれに近い、もしくはほぼ同等の状態が毛穴に起きます。


AGAとは違い、広範囲ではなく部分的に細かく起きるので、集中的に抜いていた部分が全体的に薄い。
という無くなり方をするのが特徴です。

ついつい抜いてしまいがちなのは特に目立つ目に見えるところ。
つまり顔周りや分け目が多く、ハゲていると良く目立つ部位です。






■ 髪の毛は色を与えられて生えてくる







毛髪は、発毛する際に『メラノサイト』と呼ばれる髪の毛に色素を与えるための器官から色を与えられて成長していきます。

これは各髪の毛ごとに存在し、このメラノサイトの質によって真っ黒な髪の人や茶髪。
生まれつきブロンドの人などが決まります。


そしてメラノサイトは、毛根横のにある『幹細胞』が細胞分裂を起こして生まれます。

これが”何等か”の原因
(白髪の発生原因は解明されていない部分が多い。一般的に血流不足、ストレスなども原因であると考えられている。)


によってメラノサイトによる色素が与えられないまま成長してしまう髪が『白髪』なのです。

つまり、例外や一時的な機能障害(白い部分と黒い部分の混じる髪)などももちろんあると言えるでしょうが、

簡単に言うと

白髪が生えてくる毛穴からはまた同じように白髪が生える。

ということになります。

白髪を抜いたからと言って必ずしも同じ毛穴から色のついた髪の毛が生えてくるわけではありません。

ということは、目立つ部分を常習的に抜いている人は同じ毛穴から何度も毛を強制的に抜いている!
ということになるのです。


 

 

白髪が生える→抜く→白髪生える→抜く・・・・・・ 

 

 

このループを一つの毛穴で何度も繰り返すことにより、
どんどん毛穴が小さくなりいずれ髪の毛はその毛穴から生えなくなります。

先程も言いましたが気になって抜くのは『トップ』や『顔回り』の部分。


白髪を人に抜いてもらうというひともいらっしゃると思いますが、
ほとんどの方が自分で鏡を見ながら抜いてしまうのではないでしょうか。


その場合、『自分で鏡を使って見える範囲』を集中的に抜くことになります。

なぜなら単純に抜きやすいからです。

 

白髪の抜き過ぎで薄くなってしまった人の多くは特にトップ部分で悩んでいる方が非常に多いです。

 

特に『分け目』。

 

分け目は自分でも人からも白髪が目立ちやすい部分。ついつい「気になると抜いてしまう」という人は多いのです。

そして結果分け目のあるトップ部分が将来的に薄くなってしまう人が多くいます。

 

さらにさらに・・・・は長くなりますのでまた次回!!

 

 

by ツボ


CASA

シャンプーのやり方で髪は変わります!!

2021-11-12

こんにちは。Mizukiです。

ついに11月になりました!!今年も残すところわずかですね。

この前、「白歌合戦」のニュースを見て、もうそんな時期か。。。と思い2021年も終わってしまうのかと、

早いなーとしみじみ感じました。(笑)

 

そこで!(唐突すぎてすみません。。)

年が変わる前に髪の毛もきれいにしよう!!ということで、まずは基礎でもある

”シャンプーの正しいやり方”を今回のブログで紹介します!

正直、シャンプーのやり方を変えるだけで髪もだいぶ変わります。私も実感しております◎

正しい洗い方で地肌もきれいに保ちましょう(*^^*)

それでは、早速ご紹介します!!

__________________________________________

正しいシャンプーのやり方

__________________________________________

まず、シャンプー剤を泡立てて髪の毛まで擦ったり泡で揉みこんだりして洗っている方もいると思いますが

これは間違いです!!

正しいのは、頭皮をメインでしっかり洗うことです。

汚れが多い頭皮は皮脂やほこり、フケなどが付着しているのでこれらが残っていると頭皮環境の悪化や臭いの原因にもなります。やさしく頭皮全体をしっかり洗ってください。

 


 

~手順~

①ブラッシングをする

頭皮全体を軽くブラッシングします。頭皮の血流がよくなり、髪についたほこりも落とします。

 

②予洗いをする

シャンプー前に、ぬるめのお湯で予洗いをします。

この予洗いで毛先の汚れはほとんど落ちてしまいます。しっかりお髪をぬらすことで

少量のシャンプー剤で泡立ち、洗うことができます。

 

③シャンプー剤をつけて泡立てる

いよいよ洗っていきます!

シャンプー剤を適量手に取り、伸ばしてから地肌につけてシャンプー剤・水・空気

含ませながら泡立てていきます。

 

④指の腹で頭皮を洗っていく。

洗うときは、指の腹を使って優しく洗います。

この時、爪を立てて洗ったり雑な洗い方をしてしまうと汚れが落ちなかったり、頭皮に傷ができたり

摩擦で髪の毛が傷ついたりしてしまうので気を付けてください!

 

⑤お流し

シャンプー剤をしっかり流していきましょう

すすぎ残しがあると

炎症がおきる・吹き出物ができる原因にもなり

毛穴に残っていると抜け毛や薄毛の原因にもつながりますのしっかり流しましょう!!

 

⑥トリートメントをつける

シャンプー後、水分を軽く拭き取り、

トリートメントを髪の毛につけていきます。

この時、中間から毛先に揉みこむようにしてつけるとより効果的です!

※擦るようにつけるのはやめましょう。。

 

最後に、タオルドライをした後アウトバストリートメントを付けてドライヤーですぐ乾かしたほうが

お髪もキレイにまとまります!

 

 

 

シャンプー時のお髪は、実は傷みやすいです。

(ぬれているときはキューティクルが剝がれやすいです。)

擦り合わせるような洗い方だと傷んだりパサつきやすくなるので気をつけましょう!

 

寒くなってくるとシャンプーするのもササっと終わらせたくもなりますが、、、

シャンプーはきれいな髪を作るための土台作りにも関わってきますので

丁寧にやっていただけたらと思います!

 

当店でも、地肌や髪に優しいシャンプーを使用しています。

洗いあがりも柔らかい手触りになっております!!

 

  
 

 

ぜひ、シャンプーのやり方実践してみてください!!

 

by  Mizuki


CASA

CASAオリジナルシャンプー&トリートメントが完成いたしました!!

2021-10-27

こんにちは!

CASAのKeiです。

 

気がつけば10月も後半に入ってきました!!

やっと秋らしい気温になってきましたが、朝晩の冷え込みが激しいので体調が崩れないように気を付けていきたいですね(笑)

 

 

そして遂に!!!

CASAのオリジナルシャンプー&トリートメントが完成いたしました!

香りがグレープフルーツでとっても爽やかな感じです(^^)

泡立ちがいいので少量で髪全体を洗えることが出来ます!

今回はそのオリジナルシャンプー&トリートメントの3種類をご紹介させていただきます。

 




■一つ目  エアリータイプ     




エアリータイプは、

・髪にふんわり感やふわっとした立ち上がりが欲しい方

・髪にぬけ感や浮遊感が欲しい方

・さらっとした柔らかい質感にしたい方におすすめの商品になっております!

 

300㎖:3300円

500㎖:4950円

リフィル:7700円      *全て税込価格になります。

(1ℓ)             *シャンプーとトリートメントは同じ価格です。

 




■二つ目  モイストタイプ




モイストタイプは、

・まとまりのある髪にしたい方

・ツヤ感が欲しい方

・滑らかさが欲しい方

・パサつきが気になる方におすすめの商品になっております!

 

300㎖:3300円

500㎖:4950円

リフィル:7700円

(1ℓ)

 




■三つ目  プレミアムネオタイプ      




ネオタイプは、

・髪がバサバサでまとまりが悪い方

・ツヤツヤの髪になりたい方

・パーマやカラーの持続が悪い方

・乾燥、ダメージ、広がりが気になる方におすすめの商品になっております!

ちなみにネオタイプは、大人も子供もこれ一本で全身にお使いいただけるこだわり美容成分配合のワンランク上のシャンプーです。

 

 

300㎖:4180円

リフィル:11000円

*ネオタイプはシャンプーのみの販売になっております。

これ一本でも十分な仕様ですが、お好みでトリートメントを使いたい場合は別途ご利用ください♪

 


 

 

 

 

それぞれに違った特徴や仕上がりの感触がございます!

もし気になる商品がありましたらぜひお店で試してみてください!

 

 

 

by  Kei

 

 


CASA

【驚愕】高濃度水素トリートメントの実態

2021-10-18

こんにちは!CASAのツボです!

 

最近は秋らしく気温差もありながらだいぶ涼しい日が増えてきましたね。

コロナもかなり落ち着き美容室としても警戒はしつつも少し胸をなでおろしております。

(これで終息といけば本当に嬉しい 笑)

 

これから一気に冬になり2021年も年末に向かって参ります。

今年は人に会うのもそこまで気を遣わない年越しができると本当に良いですよね!

 

あと一息、神にも祈る気持ちで皆様頑張りましょう!

 

そして髪にも祈る気持ちで・・・こんな髪のいたわり方もあります(笑)

 

 




■ CASAの髪質改善トリートメントは「高濃度水素トリートメント」




 

 

皆様、お越しいただいている方はすでにご存じのはず(笑)CASAで人気の「高濃度水素トリートメント」です!

 

 

詳しくは・・・

 





 

以前にも効果やお客様のお声を紹介させていただきましたが、今回はより具体的に

 

「髪質改善トリートメントってなんぞや?」

 

と言うところをツボなりにより掘り下げてみたいと思います。(あくまでツボ的に)

 

長いので興味のない方はここでUターンしましょう(笑)

 

 

 




■ 髪質改善トリートメントってどんなもの?





結論から申し上げると、ここで言う髪質改善トリートメントとは

 

「熱」を使って

「酸」をもって

「たんぱく質」

「水素」

 

髪の毛の中に浸透、定着させることで、髪を補修するトリートメントのことです。

 

酸熱トリートメント」や「ケラチントリートメント」などの言われ方もよく目にしますね。

 

ここ最近の髪質改善トリートメントと打ち出しているモノは、若干の仕組みの違いや打ち出している主成分の違いによりさまざまな呼び名があるかと思いますが、結論でお伝えした考え方が一般的な髪質改善トリートメントと言えるでしょう。

 

 

そもそも髪質改善と言う言い方が曖昧な定義な為、美容室によっては

システムトリートメント(シャンプー台やセット面で重ねて付けるトリートメント)のことを「

髪質改善トリートメント」と呼ぶお店もあります。

 

 

そして皆様が「髪質改善」に興味を持ちワードとして求めるのは・・・

 

ざっくり言うと

 

・クセ毛を真っすぐにしたい

・ハリコシのない髪を元気にしたい

・傷んだ髪をツヤツヤサラサラにしたい

 

などではないでしょうか。

 

「髪質改善トリートメント」ではこんなお悩みにかなり明確な結果を出してくれます。

 

しかし、いくつか気を付けなければいけないポイントや注意点などがあるので、髪質改善トリートメントへの理解を深めるためにもぜひ参考にしてみてくださいね!

 




■ 髪を健康に近づけるトリートメント





 

 

 

髪質改善トリートメントは、髪のダメージを目立たなくし、元の健康な状態に近づけるトリートメントです。

 

髪の毛は傷むと水分を吸い込みやすくなります。これを「親水性が高くなる」と言います。

親水性イメージ
水と仲がよくなるので吸い込みやすくなる。こんなイメージです。

なかなか髪が乾かない」は、髪が傷んで水を吸ってしまうからなんですね。

 

逆に健康的で傷んでいない髪の毛は、「疎水性」といって、水をはじくようになります。

疎水性イメージ
余計な水分が入らないので、乾くのも早くなります。

 

傷んでしまって親水性になった髪の毛を、水をはじくような疎水性の健康な髪に近づけるのが髪質改善トリートメントの目的です。

 





■ 髪質改善トリートメントは「結合水」を増やしてツヤ髪にする





 

髪質改善トリートメントの一番のポイントは「髪の毛の中に結合水を作る」ということ。

 

結合水」とは、その名のまま本来だれでも髪の毛の中に持っている「結合されていて乾かない水分」のことです。

 

どんなに髪を乾かしてもサラサラツヤツヤ!

こんな髪は結合水が多い髪の毛なんです。

 

健康な髪はもともと結合水という水分が髪の毛にあるので、余計な水分を取り込みにくい。

 

しかし傷んでいる髪は水分が少なくなり空洞があります。

パサパサしたり静電気が起きやすくなり、余計な水分が入りやすくなってしまいます。

 

 




■一般的な髪質改善トリートメントの流れ





 

 

髪質改善トリートメントを行うと、髪の毛にどんな変化が起こっているのか分かりやすくイラストで説明します。


まず、コチラの傷んだ髪の毛を例にします。「H-O」というのは「水素結合」のこと。

傷んだ髪の毛なので結合水が少ないです。

髪質改善説明
髪をシャンプーなどで濡らすと髪の水素結合が切れます。(水素結合は乾くとまたくっつきます)

髪質改善説明
次に髪質改善トリートメントに使われる「グリオキシル酸」や「レブリン酸」「マレイン酸」という薬を髪に付けます。

髪質改善説明5
グリオキシル酸など薬剤の効果で、水素結合に置き換わり結合水(乾かない水分)が増えます。

髪質改善説明6
 

最後にブローやストレートアイロンで脱水して「H-O」の水素結合を元に戻し、結合水を中に定着させます。

そしてツヤがありまとまる髪になるのです。

 

これが髪質改善トリートメント一連の流れです。

 




■ クセも伸びる髪質改善トリートメント





 

 

髪質改善トリートメントには、髪の毛の中に新しい結合を作り出す効果があります。

 

この新しい結合を「イミン結合」や「架橋効果」と言い、この結合の効果でクセを真っすぐに伸ばすことができます。

※薬剤メーカーによってイミノ結合と呼びますが意味は同じです。

イミン結合をわかりやすくすると

イミン結合説明
たとえば、このようのクセ毛があったとします。

イミン結合説明
そのクセを真っすぐに伸ばして、イミン結合を結ぶことで「真っすぐなクセ」がつく。(架橋効果)

そしてクセが弱まりまとまりがよくなるのです。

 

しかしこのイミン結合(イミノ結合)は弱く落ちやすいです。

繰り返すことで”まっすぐな髪になろうとする結合”がどんどん増えていきクセが目立ちにくくなります。

 

髪質改善トリートメントの効果をしっかりと実感するには、初め短期間のうちに繰り返して行う必要があります。

※繰り返す最適の頻度はこの後説明します。

 

1回目の結合がなくなる前に次のトリートメント。

そしてさらに2回目。

 

これでイミン結合などの架橋効果が強くなり、落ちにくくなります。

 

 




■ 縮毛矯正やストパーと何が違うの?





 

縮毛矯正やストレートパーマは、髪の”結合”を一度切断してから付け直して形を固定します。

縮毛矯正を例に例えると、

縮毛矯正説明
縮毛矯正などの”パーマ”は、髪の毛の中にある「S-S結合」という細胞の繋がりを、薬の力で一度切り離します。

縮毛矯正説明2
そして、ヘアアイロンで伸ばして再び薬で固定することで、切れた「S-S結合」を再びつなぎ直してクセ毛が真っすぐに伸びるのです。

ストレートパーマも同じ原理です。

 

しかし髪質改善トリートメントは、

髪質改善トリートメントの髪の状態
このイラストのように、もともと髪の毛にある「S-S結合」は切らずに、「イミン結合」だけの繋がりで髪をストレートに伸ばすので、縮毛矯正やストレートパーマにくらべると落ちやすいのです。

 

ただ、縮毛矯正などのパーマ施術は、髪の結合を”切る”ときに、髪に大きな負担をかけます。

髪の状態によっては傷みに耐え切れずチリチリになってしまう事故も起きることがあるほどデリケート。

 

髪質改善トリートメントには、髪の結合を切らない”酸性”の力なので、従来の縮毛矯正などにくらべてダメージや負担はとても少ないのです。

 




■ あくまでトリートメント!縮毛矯正ほどクセは伸びない





 

髪質改善トリートメントには、クセを伸ばす効果はありますが縮毛矯正やストレートパーマほどの力はありません。

 

さきほどイラストで紹介した髪の「S-S結合」は変化していないので、時間が経つと元の形に戻ろうとするのです。

 

しかし、髪質改善トリートメントは繰り返し行うことで、髪の毛の中に「イミン結合」が増えていきクセが戻りにくくなります。

 

一回では短期的な効果。

 

繰り返すことで持続期間が長くなるので、「1回だけ髪質改善トリートメントしたから満足」だともったいない!です。

目安としては最初の3回~4回までは1.5~2ヶ月以内の施術をオススメしております。

個人差はありますがだいたい3~4回で結合がある程度の所まで確保できるとの見立てからです。

 

CASAではチケットをご用意させていただいておりますが、なぜかというとその3~4回の先を体験していただきたいからです。

なるべくもったいない状態を作りにくくする為、あえて採算度外視のチケットを用意させていただいております。

 

しかしどこまで行ってもあくまで”トリートメント”です。

 

残念ながら、何度繰り返したとしても強すぎるクセが長期間真っすぐになる効果はないというのを知っておいてください。

 

 





■ 髪質改善トリートメントでずっと髪はサラサラストレート?





 

 

「髪質改善」なんて聞くと、「これからもずっと髪の毛のクセが落ち着く」「新たに生えてくる髪も真っすぐ?」なんて期待してしまう人も多いはず。

 

実際に僕もお客様からも同じ質問を何度も受けています。

 

残念ながら、髪質改善トリートメントで新しくこれから生える髪の毛まで真っすぐになるということはありません。

 

ヘアカラー、ストレートパーマ、縮毛矯正などと同じく、今生えている髪の毛にしか作用はしません。

 

効果を維持するためには、定期的にかけ直す必要があるメニューです。

 

 




■ 髪質改善トリートメント「ツヤツヤ髪」の写真はウソ?





 

 


 

髪質改善トリートメントの紹介写真のほとんどに「ツヤツヤ」「ピカピカ」「真っすぐ」な髪の写真が使われています。

 

この写真は「ウソ」とまではいきませんが、プロモーション用に撮られた「一番ツヤツヤ状態の写真」であることは覚えておいてください。

 

髪質改善トリートメントの一番最後の仕上げは、お帰りいただく前にストレートアイロンで真っすぐに伸ばしてお帰りいただきます。

 

ツヤツヤ成分を使って、プロの美容師がヘアアイロンでしっかり真っすぐに伸ばして写真を撮る。

当然ピカピカツヤツヤになりますよね。

 

「髪が傷まないしこんなにツヤサラになるならやりたい!」

 

という人も多いと思いますが、

 

髪質改善トリートメントで紹介されている画像はプロがストレートアイロンで伸ばした後だからです。

 

「髪質改善トリートメントでツヤツヤサラサラ!!」と紹介されている写真の髪が、ず~っと続くわけではないというのは覚えておきましょう。

 

 

あくまで内容としては・・・

 

手触りの良さや収まりの良さ、髪質が明らかに良くなった!が目的であり、

ストレートにするのが目的ではありません。

 

CASAでは施術の際はお客様に写真もお見せしますが、必ずギャップの説明もしっかりさせていただいております。

写真のようにストレートじゃない!という誤解をなるべく生まないように配慮させていただいております。

 

しかし施術後は明らかに手触りも良くなっているので、実際お客様に触っていただいた際はアイロンストレートではない何かを感じていただけるはずです。

 

何より家に帰った後の日々のお手入れが楽になるのがCASAの高濃度水素トリートメントのリピート率92%の一番の理由です。

 

 

 

いかがでしたか?

 

もちろんお店により「ウチはそんなんじゃない!」や「ちょっと考え方が違うねぇ」などもあるかと思います。

 

あくまで僕なりの見解と言う事で広い視野とおこころでとらえていただけましたら幸いでございます。。。

 

カラーやパーマと同じ日に行うこともできますが、そこは経験や順番、求める髪色などで施術のハードルが上がります。

もし不安であれば担当の美容師さんと相談して、先にどちらかを行い日を空けてふたたび施術するなど計画を立てると良いですね。

 

もちろんCASAではあらゆるケースを想定して施術をしているのである程度のワガママや同時施術は可能です。

 

数々の実績と改善をコツコツと積み上げてきたからこそワガママへの対処であり、お客様からの支持の証であると感じております。

 

おこがましくも、一般的に髪質改善トリートメントが注目されるだいぶ前から、当店で言う髪質改善トリートメントである

 

「高濃度水素トリートメント」

 

を高め続け、いわゆるこの地域での髪質改善トリートメントの老舗であるとの自負がございます!

 

効果に疑問のある方、試してみたいけど一歩踏み出せない方、他店での施術ではイマイチ満足しきれなかった方、

 

ぜひ一度CASAの髪質改善トリートメント「高濃度水素トリートメント」を試してみて下さい!

 

by ツボ


CASA