CASA
CASA BLOG

【梅雨対策!!】長時間いける前髪が湿気でうねるときの簡単にできる対策方法

2022-05-09

こんにちは CASAのツボです!

 

最近は雨も多く、さらに寒暖差もあり体調も崩しやすそうな気候ですね。。。

 

沖縄ではいつもより少し早めに梅雨入りしたそうです。

 

片頭痛等もこのような気候だと起こりやすいみたいです。

皆様ご自愛くださいませ!

 

そして梅雨や雨の日が多いと起こりうるのが髪のうねりや広がり等の不具合。

湿気で髪の毛がクルン!となってしまうときありませんか?

せっかくセットしたのに少し経つとまたうねってしまう。。。

 

なんだか変だし、寝ぐせが直ってないみたいで少し恥ずかしいですよね。

 

今回は梅雨時期に有効な湿気でうねる前髪の簡単な対策方法を紹介します。

(簡単すぎてもう当たり前のようにやっているかも笑)

 

適切にやれば長時間キープできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 




■ 湿気で前髪が・・・梅雨の前髪対策





 


雨の日や梅雨など、天気の良くない日に髪の毛がうねったり、クセが出てしまうのは原因があります。それは空気の中の水分が多いと髪が水分を吸ってしまい髪の水分バランスが乱れてしまうためです。髪の毛が濡れたまま放置したときと、ドライヤーでしっかり乾かした時ではクセの出方が変わりますよね。
これを後述しますが水素結合と言います。
湿気が多いと濡れた髪の状態に近づいてしまうため、クセでたりひろがったり、割れ目ができたりしてしまうのです。

 




■ 大切なのは、いらない水分を髪に吸わせないこと




 


 

湿気の多い日の髪の毛をキレイに保つのに大切なのが、必要以上の水分を髪の毛に吸わせないことです。

 

湿度の高い空気に髪が触れていると、どんどん髪の水分が多くなってしまいます。

するとクセがでたりカールしてしまうので、前もって対策して水分量が変化しないようにしてあげるのです。

 

 

●大切な3つのやったほうがよいこと

 

髪の水分を良い状態でキープさせるのに大切な3のことを紹介します。

 

①洗い流さないトリートメントをつける

②ヘアアイロンで伸ばす(ブローも可、ただし効果はアイロンのがよい)

③スプレーで薄膜をはる

 

この3つがクセをコントロールするのに大事な3つのことです。

 

ではなぜそれをするとよいのでしょうか?

それぞれ意味と理由があります。

 

 

①~洗い流さないトリートメントをつける~

 

洗い流さないトリートメントを適量つけることで、髪の毛に油分を与えます。

髪表面が油膜で包まれることで、必要以上の水分が髪に入るのを防ぐことができます。

 

本来あるべき髪の毛のなかの水分はキープされるので、理想の状態に近づきうねりにくくなるのです。

 

 

②~ヘアアイロンで伸ばす~

ストレートアイロンで、髪を伸ばすことで、髪がうねりにくくなります。

自然に前髪をカールさせたいときは、少しテクニックもいりますが毛先を丸めるようにアイロンを使いましょう。

 

ヘアアイロンは、熱で髪の毛の水分量をコントロールし、結合を変化させることができます。結合の名前は水素結合といって、簡単に切れたり戻ったりします。

 

一番わかりやすいのが自然乾燥や、寝ぐせです。

寝ぐせは水素結合の簡単なクセなので、乾ききっていない状態で寝るとたくさんつきますし、濡らして手ぐしで乾かせば簡単に治ります。

 

あらかじめ、ヘアアイロンで髪の水素結合を、理想の形に変化させておくことで長持ちしやすくなります。

 

おすすめのアイロンの温度設定は160°以下です。(ご家庭でのダメージを考えた際のおススメ)

 

 

③~スプレーで薄膜をはる

 

ヘアアイロンを使ったら、必ず仕上げスプレーをつけましょう。

一番わかりやすいのはケープのようなハードスプレーや巻き髪キープスプレーといったものです。

(経験上美容室取り扱いのスプレーのほうが持ちはさらに良い!)

 

ヘアアイロンで作っただけのクセは、水素結合を瞬間的、一時的に変化させただけなので簡単に取れてしまいます。

雨の日に外出しただけですぐゆるくなってしまうほど。

 

ですのでヘアアイロンで作った理想の形をキープさせるためにヘアスプレーで薄膜をはってキープさせるのです。

ナチュラルに「そんなこともうやってるわ!」という方もいらっしゃるかもしれませんがシンプルに一番良い方法だと思います!

ぜひ改めてお試しあれ(^^)

 


 

それでも「究極にめんどくさいので時間をかけたくない!!」

と言うお方場合はせめて洗い流さないトリートメントだけでもつけてみましょう。

濡らして乾かすときに付けるだけのでメンドクサガリさんでも簡単!時間も早いです。

朝に寝癖を直すのにもまずは、寝ぐせをリセットするために髪を濡らします。

 

ショートヘアなら乱れている所と後頭部はとくに根元を濡らしましょう。

全部を乾かす時間がない人は、せめて前髪だけを濡らせば乾かすのも簡単です。

そして濡らした髪に適量の洗い流さないトリートメントをつけます。

 

夜のうちに洗い流さないトリートメントを付けて乾かす場合も、梅雨時期や雨が降っているときはあえて気になる部分を軽く濡らして朝付け直し、乾かすと長持ちしやすくなります。
特にこの季節は期間限定で多機能な
★エルジューダ サントリートメント★ オイルタイプ/ミルクタイプ
がおススメ!
ついでにUVカットまでしてくれる優れもの!
この季節には重宝しますよ(^^)
もちろんCASAでも取り扱っております。
季節ものなので期間限定販売となっております。
お求めの際はお早めに!!

 

洗い流さないトリートメントを付けたら、クシでやさしくとかすと尚なじんでよし!

トリートメントがムラなく全体につきます。

 

そして「ドライヤーで」乾かす。

 

コレだけです。

 

 

朝髪に時間をかけられるのであればアイロン→スプレーまで行いましょう!

 






■ まとめ





 

いかがでしたでしょうか。今回は梅雨や雨の日など湿気の多い日の前髪うねり対策の紹介でした。

前髪がうねったままだと気分も上がらずなんとも言えない格好のつかないヘアスタイルになってしまいます。

 

湿気の多い時期は油断しているとすぐに癖が顔を出してしまうので、朝のうちに対策しておくことをおススメします。

 

簡単かつシンプルではありますが梅雨も乗り切れるぐらい効果的な方法なので、1年中使える方法ですよ(^^)

 

ただ。。。

それも踏まえて美容室でお手伝いできるとしたらやはりこれ!

 



 

CASAオリジナルの髪質改善!

【高濃度水素トリートメント】



【MugRe:care(マグリケア)トリートメント】 ←【NEW!】

がおススメ!!

 

やってるだけで快適に梅雨を過ごせますよ(^^)

 

by ツボ


CASA